Search Results for "プロジェクト管理 フリー クラウド"

プロジェクト管理

業務上のプロジェクトを成功に導くための総合的な管理手法のことをいう。スケジュール、人員、資金、物的資源などの管理を含む総称で、またの名をプロジェクトマネージメントという。割り当てられた資源を有効かつ効率的に運用し、プロジェクト目標を達成することが前提である。 プロジェクトには、スケジュールやコストを決定する責任者であるプロジェクト・マネージャが存在する。プロジェクトの総合責任者であるプロジェクト・...
Read More

フリーソフト

作成者が自分の著作権を保持し続けたまま、無料で公開されるソフトウェアのこと。市販のソフトウェアのように不具合に対して作成者が義務を負うような形にはならない。フリーソフトは、使用者の責任の上で使うことが大前提で、もしフリーソフトを使用して何か障害が起きたとしても、作成者や著作権保持者が責任を負うようなことにはならない。作っているのが個人であることが多いため、バグがあったときの修正が速いこともあるが、...
Read More

クラウド

インターネットの整う環境のもと、ネットワーク越しにIT資源をサービスとして複数の外部顧客に提供する、コンピュータの利用形態の事を指す。クラウドコンピューティングの略名で、データセンターや、その中で運用されているサーバ群のことをクラウドという。インターネット(雲)からサービスが雨のように提供されるイメージに由来する。 あ行~さ行 アーカイブ アクセス解析 アクティビティ アローダイアグラム 員数管理...
Read More

WordPress

Webサーバ上にブログを開設・運用できるソフトウェアの一つ。2003年に最初のバージョンが公開された、GPLに基づいて自由に利用できるオープンソースソフトウェアである。 フリーのブログツールとしては最も人気の高いものの一つで、対応する豊富なテンプレートやプラグインが公開されている。HTMLでテンプレートを自作したり、PHPでプラグインを自作することもできる。一旦インストールしたあとは管理画面にWe...
Read More

Webシステム

Webブラウザで閲覧するシステムのこと。Webブラウザでホームページを閲覧するのと同じ要領でシステムを見ること、またそのシステムを指す。ホームページと同じくWebサーバが存在し、それを複数のクライアントがアクセスする構成。データはサーバ内に蓄積され他人が更新した情報をリアルタイムで閲覧でき、不特定多数の人が同時に利用することができることも大きな特徴である。 あ行~さ行 アーカイブ アクセス解析 ア...
Read More

WBS

Work Breakdown Structureの略。プロジェクトマネジメントで計画を立てる際に用いる手法の一つ。 プロジェクト全体を細かい作業に分解した構成図を指す。プロジェクトが生み出す成果物を中心として、その成果物を作るために必要な作業を下層に配置してゆき、プロジェクトの各要素を細分化してゆく。ツリー構造の最上位は達成すべきプロジェクト全体を表現しており、下位に行くに従ってより詳細な作業の定...
Read More

RFP

Request For Proposalの略。提案依頼書。ベンダに対して具体的なシステム提案を行うよう要求する文書のこと。 システムの概要と目的、必要な機能、システム条件、サービスレベル、予算、納期、契約条件、評価プロセスと評価基準、調達方針などの具体的な要求をする。事前にRFPを通じて調達条件や契約内容を明らかにしておくことで、こうした混乱を未然に防ぐことの重要性が注目されている。 あ行~さ行 ...
Read More

SPAM

何らかの方法で入手したメールアドレスに対して無差別に、本人に許諾を得ずに一方的に営利目的の広告メールを配信すること。メールボックスの容量や回線資源を無駄遣いし、受信者に有無を言わさず選別・削除作業の負担を強いるため大変迷惑な行為だが、送信側は低コストで実行可能なため根強く行われている。 日本では、「特定商取引に関する法律」等の法規制で規制されている。 あ行~さ行 アーカイブ アクセス解析 アクティ...
Read More

SOW

Statement Of Workの略。仕事の目標や範囲、成果物、参加メンバーの役割・権限などを記した合意文書。 目標、範囲、内容・要求仕様、成果物・納入物の定義、納入時期・概要スケジュール、制約条件・依存関係・既知のリスク、作業のプロセス、役割分担、責任および権限、レポーティングルートやコミュニケーション指針、受け入れ基準・成功基準などを必要に応じて具体的かつ詳細に規定する。 あ行~さ行 アーカ...
Read More

SLA

Service Level Agreementの略。一定レベルのサービスを平均的に利用できコストパフォーマンスを明確にする事ができる。サービスレベルに見合ったコストを明確にし、システムの問題点、課題点を把握できるようになるのが特徴。 また、制度実施によりサービス提供側とサービス利用者側との信頼関係を構築することが可能。それによりトラブル防止にも役立つ。 あ行~さ行 アーカイブ アクセス解析 アクテ...
Read More